2006年09月20日

バラの名前の物語 11

rose_name11.gif

第11回 WILLIAM SHAKESPEARE 2000 (ウィリアム・シェークスピア)


【そのバラは、シェークスピアの舞台のようなドラマチックな真紅。】

1564年、イギリスの中央部やや南、

ストラットフォード・アポン・エイボンで、

のちに世界を代表する劇作家が誕生しました。

彼の名前は、ウィリアム・シェークスピア。

その作品は、いまでも愛され続け、そのせりふは、誰もが知っています。

この偉大な作家の名前にふさわしいイングリッシュ・ローズの

最高傑作といわれています。

2000年にシェークスピアが「Man of the Millennium」に

選ばれたことを記念して命名されました。

ベルベットのような上質な真紅の花びらが、秘めたるドラマを予感させる。


posted by こぞ at 12:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。